ミャンマー旅行

"
# by sueyoshiya2002 | 2011-02-07 14:15 | 旅行・お出かけ | Trackback

雪景色

"
# by sueyoshiya2002 | 2011-02-01 15:54 | 自然 | Trackback

伊吹山の草花

"
# by sueyoshiya2002 | 2011-01-26 14:16 | 自然 | Trackback

冬の野菜

 マイ家庭菜園の冬の状況です。(2011.1.20)


003.gif 寒い冬でもあり簡易温室にしました。
a0149488_12282519.jpg

058.gif 時々晴れたのでカバーを取って直射日光に当ててやりました。

a0149488_13395136.jpg大根の状況
a0149488_1340684.jpg実用できる大きさになっていました

a0149488_13484824.jpg人参の状況

a0149488_134935.jpg撮影のため掘ってみたら、まだ小さかったので後で埋め戻しておきました。

a0149488_13541477.jpgほうれんそうの状況

a0149488_13543931.jpgカバーをかけるのが遅かったせいかまだ小さいものでした。実用にはまだ間があります

# by sueyoshiya2002 | 2011-01-21 12:28 | 菜園 | Trackback

久留米ん町探検

快晴の晩秋の日、久留米の名所を散策しました。(2010.11.21)

001.gif 水天宮の鳥居
a0149488_212158.jpg


003.gif 七五三の子供たち
a0149488_21225261.jpg

038.gif 水天宮内の紅葉
a0149488_21243981.jpg


026.gif 水天宮の本殿
a0149488_21275298.jpg


014.gif 水天宮から見た筑後川
a0149488_2145848.jpg


009.gif 坂本繁二郎生家(筑後を代表する画家で武家屋敷の生家を復元したもの)
a0149488_2142541.jpg


009.gif 梅林寺の山門(旧久留米藩主有馬家の菩提寺)
a0149488_21522837.jpg

056.gif 寺院内の紅葉
a0149488_2156486.jpg


001.gif 梅林寺の庭はきれいに整備されている
a0149488_2158815.jpg


005.gif 寺でいまも使われている釜戸
a0149488_220464.jpg


001.gif 筑後川に住む野生のカモ。エサを求めて遊覧船に近寄ってきた
a0149488_222285.jpg


a0149488_226788.jpg筑後川には堰があり上流と落差があるためパナマ運河方式で上流に上る。まず、下方に水を注ぎ水位を上げる。



a0149488_2262652.jpg上流と水位が等しくなればゲートを開き上流に進む。



# by sueyoshiya2002 | 2010-12-24 21:32 | 旅行・お出かけ | Trackback

ドイツ旅行

ドイツのロマンチック街道とライン河クルーズの旅を楽しみました。(2010.7)

ラインの滝
a0149488_17561651.jpg

ラインの滝に近づく船
a0149488_17585189.jpg

アウトバーン休日のせいか車が少ない。追い越し車線を飛ばすのはベンツ、BMW、アウディだった。また、軽自動車は見なかったが、自動2輪車は見かけた

a0149488_1820131.jpg


ヴィース教会
a0149488_189464.jpg

フュッセンの民家
a0149488_21274653.jpg

ノイシュバーンシュタイン城は別名白鳥城の名にふさわしい
a0149488_2252497.jpg
ノイシュバーンシュタイン城から見下ろした風景は美しい
a0149488_2223369.jpg

ホーエンシュバンガウ城
a0149488_2225397.jpg

ローテンブルクのマルクト広場では吹奏楽の演奏をやっていた。
a0149488_043481.jpg

ローテンブルクの市街>。第2次大戦で破壊されたが、見事に復興させた。
a0149488_032295.jpg

ドイツ国旗を持つ子供(ローテンブルク市街地)
a0149488_0383264.jpg

ドイツソーセージの昼食
a0149488_040250.jpg

ハイデルベルク城。ハイデルブルクは第2次大戦の被害にあわなかったので遺跡がよく保存されている。
a0149488_1322815.jpg

ハイデルブルク市街。
a0149488_13261943.jpg

ハイデルブルク市内路上駐車が多い
a0149488_13283511.jpg

ラインクルーズ船
a0149488_13464398.jpg

クルーズ船から見たライン河畔の光景。ブドウ畑や古城が美しい
a0149488_1349125.jpg

ローレライの岩
a0149488_13505937.jpg














a0149488_13232679.gif

# by sueyoshiya2002 | 2010-11-07 17:12 | 旅行・お出かけ | Trackback

スイス旅行

ヨーロッパアルプス3大名峰とスイスの観光地を巡る旅をしました。(2010.7)
モンブラン(4,810m、フランス)はヨーロッパの最高峰。3,800mまでロープウェイで上った。ここまでくるとさすがに少し頭がふらついた。
a0149488_13563053.jpg

3,800mの地点から望むモンブラン山頂
a0149488_1421736.jpg

モンブランの麓、シャモニー(フランス)のショッピングセンター及びモンブランの遠景。
a0149488_232569.jpg


マッターホルン(4,638m、スイス)の雄姿。3,130mの地点から撮影
a0149488_1213892.jpg

3,130mの地点には登山電車で登る。
a0149488_11474717.jpg

マッターホルンの高山植物
a0149488_13503270.jpg

マッターホルンの朝焼け
a0149488_12544567.jpg


マッターホルンの麓のツェルマット(スイス)の町は花で飾られ本当に美しい
a0149488_18234050.jpg

ツェルマットの町を散策していたら子供たちが「こんにちは」と日本語で話しかけてきたのでこちらもドイツ語でグーテンターク(こんにちは)と言いましたら同じくグーテンタークと返してくれました。
a0149488_14233373.jpg

ツェルマットの町は電気自動車しか走れない。
a0149488_18462968.jpg

ユングフラウ(4,158m、スイス)山頂
a0149488_2358934.jpg

ユングフラウ氷の洞窟
a0149488_2055163.jpg

3,454mまで登山電車で登る。
a0149488_20353427.jpg

ユングフラウ高原を歩く。
a0149488_20365292.jpg

ユングフラウ高原の風景
a0149488_20375845.jpg

ユングフラウ高原から見た麓の民家
a0149488_2040943.jpg

ユングフラウ高原の駅
a0149488_20405555.jpg

ユングフラウの高山植物
a0149488_2128134.jpg

ユングフラウを麓の町ウェンゲン(スイス)から見る。
a0149488_20505921.jpg

ウェンゲンの民家
a0149488_2115040.jpg

ウェンゲンの民家
a0149488_2116472.jpg

ウェンゲンの家庭菜園
a0149488_2135845.jpg

# by sueyoshiya2002 | 2010-11-04 20:51 | 旅行・お出かけ | Trackback

新幹線新鳥栖駅

新幹線新鳥栖駅周辺をウオッチしました。田園地帯に建設中の新鳥栖駅2011年3月中旬に全線開通する。(下の地図参照)
a0149488_0171479.jpg
a0149488_018322.jpg
a0149488_0185368.jpg
新鳥栖駅の近くを走る在来線の長崎本線にも新駅が併設される。
a0149488_0202254.jpg

新鳥栖駅前より九千部山方面を臨む。
a0149488_0213254.jpg
近くを流れる小川は清流である。
a0149488_0215967.jpg
072.gif新鳥栖駅
font>

# by sueyoshiya2002 | 2010-05-25 20:12 | 都市環境 | Trackback

金山登山

2010.5.4佐賀と福岡の県境の金山に登った。天気は快晴である。佐賀市三瀬村の山中キャンプ場を10:30に出発。しばらく天然の雑木林が続き、近くを清流が流れる
a0149488_21373225.jpg

30分くらい登ったころからのヒノキの人工林の林を終え、再び天然の雑木林となる。近くのせせらぎで手を洗うと心地よい冷たさだ。
a0149488_21591796.jpg

雑木林が終わってまた、ヒノキ林が出現した。
a0149488_2261438.jpg


a0149488_2221221.jpg山頂近くになると再び雑木林となる。


a0149488_2212227.jpgそれにしても天然林と人工林をまだら状にうまくバランスさせたものだ。



                      
      出発してから約1時間半で山頂に着いた。金山山頂(967m)
a0149488_2248062.jpg

山頂からの佐賀県側の遠景。黄砂でかすんでいる。
a0149488_2253595.jpg

1時間ほどの昼食のあと13:00ころ下山開始。新緑の雑木林の中は心地よい。
a0149488_230565.jpg

下山時間約1時間で出発点に戻った。かなり以前、福岡側からの金山登山の記憶があるが、それに比べてかなり短い時間で登れるルートだと思った。山頂付近の掲示板に江戸時代、金山には佐賀鍋島藩の番所があったとの記述があったが、これからみても当時から佐賀からのほうが便利だったのであろう。










a0149488_1628236.gif

# by sueyoshiya2002 | 2010-05-05 21:39 | 登山 | Trackback

北京旅行

北京を旅行しました。壮大な歴史遺産とともに都心部の発展はめざましいものでした。
しかし、山ははげ山が多く、歴史的に伐採した後の植林がなされていないということのようだ。
(2002.10
)

 
頤和園
a0149488_23161188.jpg

万里の長城
a0149488_23163342.jpg


盧溝橋
a0149488_23425834.jpg



故宮博物院、紫禁城、天安門は同じ場所にある。

故宮博物院 
a0149488_231858.jpg



a0149488_20383675.jpg

# by sueyoshiya2002 | 2010-04-12 10:55 | 旅行・お出かけ | Trackback

ミャンマー旅行

ミャンマーは仏教が盛んな国で犯罪が少なく国民は素朴な人が多い自然の美しい国でした。しかし、まだまだ貧しく、物乞いの多いのには閉口しました。われわれ日本人は同じ東洋人として多少でもお金を渡すのですが、欧米人にはそのような人は少なく、わりきっているという感じでした。やはり外国の力を借りる国づくりが必要なのかなと思います。(2004.11)  

  レストランの遠景   
a0149488_1632910.jpg


    裏通りにて 
a0149488_22214257.jpg


    ミャンマーの子供たち
a0149488_22225011.jpg


    市場にて
a0149488_2224057.jpg

a0149488_22244219.jpg


    宿泊したホテル
a0149488_22251917.jpg


    寺院
a0149488_944619.jpg
a0149488_22255622.jpg
a0149488_2228195.jpg


    母子
a0149488_22282985.jpg

# by sueyoshiya2002 | 2010-02-16 16:32 | Trackback

南イタリア旅行

歴史遺産の国、イタリア南部とシチリア島を旅しました。景色や遺跡の美しさに心を満たされました。イタリア人はとかく陽気で遊び好きと思われていますが、私が目にしたのは懸命に働く人々の姿でした。(2007.4)

シチリア島パレルモ マッシモ劇場
a0149488_20432620.jpg


パレルモの住宅通り
a0149488_20443956.jpg


パレルモの商店
a0149488_20463797.jpg


パレルモの家族
a0149488_20473585.jpg


パレルモの通りにて
a0149488_20482133.jpg


シチリア島アグリジェントのギリシア遺跡(シチリアの海岸部はギリシア全盛期の植民都市遺跡が多い。修復工事中であった。)
a0149488_22284280.jpg



アグリジェント市街
a0149488_20553247.jpg


シチリア島シラクーサのギリシア劇場遺跡
a0149488_20573035.jpg


シラクーサの銀行
a0149488_20582111.jpg


シチリア島タオルミーナで宿泊したホテル
a0149488_20594257.jpg


タオルミーナのホテルより見た地中海岸の夕景
a0149488_2104928.jpg


タオルミーナのギリシア遺跡
a0149488_2133389.jpg


タオルミーナの教会
a0149488_2142466.jpg


タオルミーナのアパート
a0149488_22302573.jpg


タオルミーナ港
a0149488_22312199.jpg


イタリア本土アルベロメベッロ とんがり屋根の住宅
a0149488_2233235.jpg

a0149488_22334889.jpg


とんがり屋根の商店
a0149488_22353592.jpg

商店の販売員
a0149488_22364899.jpg


マテーラ洞窟住居群
a0149488_22375942.jpg

洞窟住居の中の様子
a0149488_22411930.jpg

当時は馬を家の中に飼っていた
a0149488_22431537.jpg

洞窟住居を利用したレストラン
a0149488_22393355.jpg


ナポリで宿泊したホテル
a0149488_2247118.jpg

ホテルのベランダ側
a0149488_22474122.jpg


ナポリ港
a0149488_2249593.jpg


カプリ島
a0149488_22504470.jpg

カプリ島 青の洞窟入り口
a0149488_22514330.jpg

青の洞窟の中。見事な美しさであった
a0149488_22522079.jpg


ポンペイの遺跡。ヴェスヴィオ火山が見える
a0149488_22591192.jpg

死者の空洞の中に石膏を流し込んで作った像
a0149488_2311824.jpg

a0149488_2314261.jpg

ローマ時代の街並み
a0149488_232233.jpg


ナポリ港からかすかに見えるヴェスヴィオ火山
a0149488_2333097.jpg

ナポリの街中で
a0149488_2343073.jpg

a0149488_2345739.jpg

ナポリ市街
a0149488_2351446.jpg

# by sueyoshiya2002 | 2009-12-15 16:15 | Trackback